収益も見えてきた!100記事達成してからブログを書くのが100倍楽しくなった話

収益も見えてきた!100記事達成してからブログを書くのが100倍楽しくなった話

最近ケーキにどハマり中。
甘いものはいいよ!とケーキにハマるひめたそん@himetasonです。

Advertisement

楽しくなったブログ執筆

少し前に書いた、

100記事達成した話。
この記事にも書いたがまぁ自分の中で実質50記事。
そうは思っているのだが、その壁を越えてからのブログへの意識が変わったので綴っていこう。

最初は虚無感

いやーあるよね。
目標にしていた事を達成すると急に無になるというか、脱力するというか。

「終わったー!」

みたいなね。
実際少し一息ついた感がある。
真面目に取り組み始めたのは最近の話だが、このブログ自体は2年以上前に開設。
元々だらだらマイペースだった事もあり、100記事のビジョンなんて全く見えなかった。
それがふと気付くと何度も方向性を変えここに現在辿り着いたわけである。
もちろん全然満足出来る完成度ではない。
しかし1つのゴールを迎えた気がしてほっとした反面、

これは卒業ムードか?

と若干焦ってもいた。
いつか満足感を得て辞めてしまった音楽。
それと同じように虚無感と共にモチベーションが消えてしまうのか。
実際に書く意欲が全く湧かない瞬間があって怖くなった。

湧き出る意欲

だがしかしもう1度ブログに向かってみるとどうだろう。
以前より記事を書くのが楽しいではないか。
寧ろ更新頻度が倍に増えそうな勢いである。
きっとこれは開放感のおかげだろうか。
確かに100記事という数字は世の中でも良く言われる、

「目標記事数」

である。
特にブログでビジネスを考える場合、まずは100記事書けって見かけるよね。
やはり僕もその意識が心の中にありその数字にとらわれていたのも否定出来ない。
しかし形だけでも越えた事により焦りや拘りが無くなった。
その結果書く事、考える事が今までの何倍も楽しくなってしまったのである。
もちろん次はきっと200記事を目指すのだろうがそんなに急ぐ意識はない。
元々急ぐ必要は無いのかもしれないがきっとブログ書く人は意識しちゃうと思う。
だがこのモチベーションが続くと元より速く記事が増えていく勢いだ。

100記事の意味

そこら中で散々語られている事だが非常に意味がある数字であると感じた。
間違いなく100記事書いたらブログが変わる。

先ほども言ったようにまだまだ未熟だし満足はできない。
しかし書き方や考え方、色んな知識が身に付くのは間違いない。
短い文章を書くのが逆に難しくなるくらい文字数は増えていく。
見出しの使い方や文章の組み立て方という書き手の意識。
ワードプレスの使い方、それに付随してプラグインの見つけ方等、使う道具の知識。
そして外出先でも意識が変わる。
色んな物を見てネタを探したりニュースも気になったり、身体が勝手にインプットしようとするのだ。
先程の書き方の知識と合わせると書く事が楽しく、速く、増えていく。
そして開放感も加わって今の僕がそうだが執筆が捗るのだ。

そしてもう1つ目に見えて変わった事がある。
在宅ライティングで執筆した記事の採用率が以前より遥かに増えた。
少しでも文章を作るのに慣れたという事が形になったのだと思っている。

100記事はSEO的な話やドメインパワーの意味もあるかもしれないが、それ以上に自身の向上の為にこその目標だと思う。

まとめ

というわけで100記事越えた後の自身の変化について書いてみた。
やはりみんな意識している事だけあって達成感はもちろんだが、色んな事を知れて本当に意味のある数字であった。
収益も地味ながら増え続けている。

逆に言うと達成後のモチベーション次第で自分はブログに向いているか向いていないかの節目にもなるだろう。
僕の場合はやる気も楽しさも倍になったわけだ。
そして少しずつ読む人が増えてくれるのもやりがいに貢献しているのは言うまでもない。
感謝である。

ブログをこれから始める人も、100記事を最初の目標に頑張ってみるのは非常に有意義だ。

ではまた!

執筆、運営カテゴリの最新記事