601SOのROM焼き!完全復活でOreo搭載SIMフリーのXperia XZが完成した

ドメインについて思う節がありモヤモヤしているひめたそん@himetasonです。

ROM焼きして電話が出来なくなった601SOが復活

この数日電話がない日々を過ごしていた。
その経緯。

SoftBankのXperia XZ 601SOを非公式SIMロック解除してみた Xperia XZ 601SOのROM焼き決行!失敗してスマホを失った話 失敗したXperia XZ 601SOのROM焼き。ベースバンドの書き換えでメール専用機化

安易にrom焼きをし使えなくなったXperia。
せっかくSIMフリー化して気に入っていたのに。

諦めきれない僕は何度も色んな事を試みた。

確認した不具合達

rom焼き後に確認した不具合はこちら。

電話が出来ない

文字通り電話が出来ない。
というかマイクとスピーカーがおかしい。
着信するし電話をかける事も出来るのだが、声が認識されないし相手の声も聞こえない
常に無言電話になってしまうのだ。
完全に通話不能である。

LINEやSkypeも出来ない

繋ぎで使おうとしたのだが、こちらもマイクエラーで通話出来ず。
テスト通話もエラー終了。
これで通話出来る手段は全てダメになった。

動画を撮影出来ない

写真は撮れるのだが問題は動画。
これもマイクのせいなのか動画を撮る事、保存する事が出来ない。
でもボイスレコーダーで声の録音は出来る。
マイクそのものは機能しているようだが謎である。

ワンセグ、フルセグの音声が流れない

これも地味に辛かった。
映像は流れるのだが音声が何をしても出ない。
イヤホンもダメである。
僕はテレビをスマホに頼っているから、テレビというものを見れなくなった。

というようにかなり使えないスマホになってしまった。

元のソフトバンクには戻せず

どうにか元の状態に戻せないかと、何種類ものソフトバンクromを焼こうとした。
しかし全てエラーnull
flashtoolのバージョンも色々試したがダメ。
MacではなくWindowsで試してもダメ。
おそらく試せることは全て試した。
元に戻すのは諦めた。

ひたすらベースバンドだけ変えてみる

もうauのromのまま、各種キャリアのベースバンドを試す。
それはもう過去のバージョンから現行バージョンまで。

auのベースバンドファイル

これはどのバージョンでもダメ。
simを一切認識しないしNFCも点滅する。
根本的にダメなのだろう。

docomoのベースバンドファイル

こちらも全てダメ。
Xperiaの電源すら入れられなくなる。

SoftBankのベースバンドファイル

simは読み込むしアンテナピクトが立つ。
しかし先ほど述べた不具合により電話など色々な機能が使えない。
だが一番可能性を感じる。
そりゃ元がSoftBankのXperiaだからね。

グローバル版のベースバンドファイル

アンテナピクトが立たないが機能は良好。
UQのベースバンドに対応していないからね。
やはりdocomoやSoftBankのsimならこちらで大丈夫なのだろう。

結果全滅だった

文鎮覚悟で別の機種のベースバンドを試した結果

諦めモードで作業をしていてふと思った。
Xperia XZsの存在。
メモリの容量以外ほとんど同じ仕様だった気がする。
romは焼けないだろうがベースバンドだけならいけそうじゃないか。
もうここまできたら文鎮覚悟で試せることは試そう。
ということで602soのベースバンドだけを焼いてみる事にした。
その結果・・・

全機能が使えるXperia XZになった

そうauのAndroid8.0 Oreoの状態でフル機能が使える

先ほど挙げた不具合は全部解消。
電話出来るしテレビも観れる、動画も撮れるしLINEも出来る。
僕のテンションは最高潮になったね。
この数日間の悩みは解消した。
スマホを変える必要も、別のMVNOにする必要もなくなった。
これで今回のXperia騒動は幕を閉じたのである。

まとめ

まず言えるのが、ROM焼きはハイリスクだよ!って事。
成功例があっても各々環境が違ったり対応ソフトのバージョンが変わったりと、うまくいかない事もある。
そして完全に保証外の行為だから全て自己責任。
メイン端末や高い端末で冒険しないほうが良い。
今回僕は冒険した事によって電話を数日間失った
外で公衆電話を探したのは何年振りだったか。

しかし最終的に成功する事が出来た。
OSのバージョンも新しいのを楽しめる。
短いようで長い道のりだった。
これに懲りて今後こんな冒険じみた事は・・・

するけどね

でもみんなは真似しない方が良い。
ではまた!