docomoのAQUOSタブレット「SH-08E」を購入してネット、テレビを楽しむ

docomoのAQUOSタブレット「SH-08E」を購入してネット、テレビを楽しむ

常に衝動買いで後悔するひめたそん@himetasonです。

Advertisement

AQUOS Pad SH-08E

MVNOのデータSIMもあまっていたので、たまにはAndroidなタブレットでも買おうと思い立った。

GEOの中古携帯コーナーを見ていたら1万円くらいのdocomoタブレットを発見。

docomoのタブレットを購入した

 

それは2013年発売の7インチタブレット。
防水防塵でフルセグがついている。
SIMも挿せるし買ってみようということで、

DSC_0003

お持ち帰りしてみた。

早速使ってみた結果

この記事はBluetoothのキーボードとマウスをタブレットに接続し執筆している。
古いスペックで正直どうかなと思っていたけれど想像以上にまともに動く。
電池持ちもいいしフルセグも見れる。
そしてネットが見れて少々のゲームも出来る。
思ったより活用する機会がありそうである。

DSC_0002

欠点、思うところはある

まずキャリア版Androidに全般言える事だが、OSのサポートが無いに等しい。

現在僕が使うXperiaの話でも触れたが、良くてメジャーアップデートは2回くらい。
ひどい時は一度もない場合もある。
古いと搭載するOSも古く、今後アプリの非対応やセキュリティの問題が気になってしまう。

また詳しい人はROM焼きで新しいOSにアップデートしようとする人もいるだろう。
Xperiaでは僕もROM焼きでOS問題を解消したが、このタブレットは少しマイナーな機種。
国内モデルなのでROMやROOTの情報がほとんど存在しない。
延命処置はなかなか難しい機種である。
やはりグローバルモデルの方が情報もROMも豊富で長く楽しめる。

まとめ

しかしこの値段でネットができるテレビが買えると解釈すると時代になった。
テレビやおサイフケータイは国内版ならではの機能である。

docomo系格安SIMもしっかり認識し外でも使える。
セキュリティや対応アプリが問題になるまでは楽しめるだろう。

↑次のモブログ端末。

↑そして断捨離の生贄になった話。

断捨離という理由もあるのだが、やはり先は無かったと言える。
本体スペックより流石に今Android4.2で戦っていくのは厳しい。
4.4.以前は非対応にするアプリも増えてきたからである。

キャリアの販売戦略は仕方のない事だが、売ったら売りっぱなしで先がないのは正直考えものだ。
その点を考えても息が長いのはOSアップデートがキャリアに縛られないAppleが有利になってしまう。

国内モデルだと先ほども書いたXperiaが一番マシだろうか。
それでも非公式な方法でのアップデートである。

結果的にAppleが人気だったりオススメされる理由は流行り以外にも沢山あるわけだ。
Android、特に国内版はこれからどうなっていくのだろうか。
好きであるが故に不安である。

ではまた!

ガジェットカテゴリの最新記事