最新話が待ちきれない「恋と嘘」は僕にとって最高の妄想書籍

かっこいいよりかわいいが好きなひめたそん@himetasonです。

ゆかり社会に生きる主人公「恋と嘘」

今回は僕の好きな恋愛漫画を紹介。

「恋と嘘」
ゆかり法という結婚相手を政府に決められる世界で主人公が様々な恋をしていく話である。
アニメにもなっているし実写映画もある。

恋愛大好き

やっぱり僕は戦ったりロボットが出てきたりそんなかっこいい漫画やアニメより、好きとか嫌いとかもどかしい三角関係やかけひきのような、

「キュン」

とする話が大好きだ。
ついでに涙もろいので感動を狙ったシーンでは大概号泣する。
泣く事はストレス発散になるらしいし泣ける時はこれでもかってくらい泣いておく。

冒頭から泣いた

妄想力が豊かなのも僕の特権である。
今回紹介した恋と嘘。
冒頭から泣いた。
ネタバレはしたくないので最初の方の話だけ。
昔から恋心を抱いていた相手に思いを告げ、その思いが繋がった直後に訪れる政府からの他人との結婚相手通知。
その絶望感とその先の展開を勝手に妄想し号泣である。
きっと僕は特殊だな。
その先は僕の思っていた展開とはまったく違う道筋を辿るのだがそれがまた良い。
少し過激ではあるがキュンキュンしっぱなしである。

僕の感想

ベタと言えばベタだし特に序盤だけ読んだ場合、恋の過程や理由を重視する人にはあまり好まれないかもしれない。
拘束された世界観の中で右往左往する話であり、主人公の明確な魅力が不透明に感じてしまう人もいるだろう。
もちろん濃い話もその後展開されていく。
シチュエーションにドキドキ出来る人程、序盤から魅力的に感じる漫画かもしれない。
僕は恋愛漫画の守備範囲が広い故、読み始めに抵抗を感じる事は全く無いとは言わないが殆ど無い。
この作品に至っては冒頭から泣いている始末である。
妄想大好きだとオリジナリティのあるシチュエーションや展開には胸を躍らせてしまう。
また個人的に絵も大好きなので満足な作品である。

まとめ

この漫画は現在続いている作品。
マンガボックスにて連載されている。
完結していない作品を読むのは僕自身久しぶりである。
何せ結末まで待つのが苦手だから少し見て好きになった作品も、完結してからまとめて読む事が多い。
アニメの方は12話で最終話となっている。
映画はなんて言うのかな。
アナザーストーリー的な感じで1人のヒロインと2人のヒーローの話になっている。
僕は映画の方は見た事が無いから今度見てみよう。
アニメはしっかり全部見ているがそちらも中々楽しかった。

しかし古墳という言葉を久々に聞いた。
古墳好きってすごく特殊な主人公だよね。
ちょっと古墳についてもググってみたくなった。

さて僕の好きな漫画の話。
基本恋愛漫画に偏っているがまた機会があったら紹介しようと思う。