古いフィルムカメラ、ジャンクカメラを入手したらモルト交換

古いフィルムカメラ、ジャンクカメラを入手したらモルト交換

image

リサイクルショップのジャンクコーナー。
そこにはフィルムカメラの掘り出し物があるかもしれない。
専門店じゃないとなかなか動作チェックも出来ないしね。

Advertisement

ジャンクカメラのメンテ

どうもひめたそん@himetasonです。

ジャンクコーナーで見つけたフィルムカメラ

そんなわけで先日NikonのFEを発見。
露出計や各種動作問題無し。
試し撮りも問題無し。
ただ古いカメラの大半はモルトが酷いことになっている。
例に漏れずFEのモルトも酷かった。
ほぼ無いに等しい。
外装は傷ひとつなく綺麗だし、モルト交換してしっかり使っていこう。

作業開始

僕が使うのはジャパンホビーツールのモルトプレーン。

1度買ったらしばらく無くならない。

まずは本体に残ったモルトや糊を綺麗にして、

image

新しいモルトを張り付ける。
結構細かい作業。

image

ここはしっかりやらないと光が入っちゃう。
細い溝に残った糊や傷んだモルトを除去して、また新しいモルトを張り付ける。
張り忘れがないことを確認して完了。
これで機関が壊れなければ活躍できる。

まとめ

多少手間はかかるけど、結構いいカメラも破格で置いてあったりする。
モルト交換だけで現役復帰出来ればお得だね。
ただその場でシャッターが切れても、ミラーの角度等が狂ってたりしてちゃんとピントが合わなかったり、シャッター速度が正確じゃないものもある。
オーバーホールまですると結構高くついちゃう。
もしジャンクコーナーで物色する時は、しっかりチェックするのが大事だ。

撮り歩きな季節にフィルムカメラOLYMPUSのPEN-FT

↑ハーフサイズカメラの話

カメラ、写真カテゴリの最新記事