断捨離してわかった満たされすぎてた生活。ミニマル化して気付く本当に必要なもの

どうもひめたそん@himetasonです。
金欠は大きな心のストレス。
節約と平行して最近僕がやってきた事がある。

断捨離

生活していると次第に増える物達。

パニック障害・不安障害、負担のかかる医療費からの経済難〜節約しよう〜

病気等で職を失うと必然的に訪れる経済難。
言葉の通り断捨離して身の回りのリセットを心がけた。

断つ

生活に必要な物以外は断つ。食べ物も生活用品も贅沢を控える。
何となく便利そうとか出来合いで楽そうだとか、ふわっとした理由で買ったもの程、意味も無く部屋に転がっている可能性が高い。
衝動買いは楽しいが少し自粛してみるのも悪くない。

捨てる

面倒くさいからと捨ててしまうのはもったいない。
自分にとってはいらない物でも、どこかの誰かはそれを欲しがっているかもしれないからだ。

遅い!安い!と評判の良くないネットオフの宅配買取を試してみた コンビニで支払い、発送が出来る!メルカリを1年以上利用した感想 売買、求人、出会いまで?地元の掲示板ジモティーを1年以上利用した感想

リサイクルショップ等に売りに行けなくても以前記事に書いた通り宅配買取や、フリマアプリを活用すると良い。
折角お金をかけたものであれば、次に必要としている人の手に渡る方がエコであるし自分の懐も回復する。
それでもどうしても次の行き先が無いものは思い切って捨ててしまう。
部屋は片付くし自分の必要な物が明確になってくる。

離れる

物への執着から離れる。これが中々難しい。
特に今やかなりの人が持っているスマホなんて中々離れられる物ではない。
そこまでストイックにならずともこれは気に入ってるからと、使わないのに持っている物等から距離を置いてみたり、便利だからと使っていた物から離れ自分の手でやる。
必要最低限のラインを見極める為にミニマルな生活を心がけてみる。

そしてわかる今の現状

僕は色々な物を断った。
複数あったMacBookを初代のみ残して手放し、格安運用で2つ持っていたスマホをXperia1台にしたり、今まで色々試したガジェットを全て手放す等正直な話やりすぎた。
特に初代MacBookのみになったパソコン環境は必要最低限のラインを超えていた。
後悔がありつつもわかったことは社会人になってから満たされすぎていた生活。
今や家にいても買える電化製品や家具。
便利すぎる。簡単に手に入りすぎる。
これは人の欲をかき消している。
あって当たり前が無くなると満たされたいという思いが頑張る意欲になる。
今僕は切実に新しいMacBookが欲しい。
だから何か頑張りたい、そう思えている。

まとめ

僕の場合完全にやりすぎてしまったが、身の回りの整理は今の自分を見つめ直すのに必要である。
衝動買いはストレス発散にもなるし僕も大好きだが、本当に必要か考え1つ1つ慎重に考える方が生活や心を豊かにするだろう。
ただ僕のように必要な物を手放すのはやめた方がいい。