自由と好きを手に入れても未だに正常にはならない身体。難しい心を語ります。

どうもひめたそん@himetasonです。
今回から他のサイトと同じ口調で執筆します。
理由は考えなくても書けるので楽だからです(笑)
たまにまた口が悪くなるかもしれません。

絶賛パニック続行中。吐き気もさらに増幅中。

最近同じことばかり言っています。

好きに自由に

そして、僕は自由に生きることを応援します。
そのスタンスは今もこれからも変わりません。

僕はおそらく元々自由に生きていたとは思います。
どちらかというとプライベートな人間関係に縛られていました。
ただ社会人になって何度か職につき、移動範囲、行動範囲は増えました。
それでも人より自由だったとは思います。
僕は自分が好きで自分勝手ですので。

それ以上に今、自由を手に入れました。
発端は病院に行って今の身体を治す方向に向けたことがきっかけです。

正直なところ今が正解かはまだわかっていません。
ポジティブに活動していますが、身体は反比例でして。
やりたいことができないストレスは未だに感じているんですね。

今の自分、昔の自分

比較をしてみると、僕は思いました。
自由は時間ではなく発想だと思います。

青春時代は学校、バイト、友達、恋愛とフルタイムシフト。
そんな詰まった時間割に自由を感じていました。

僕は今、会社に雇われている人に憧れます。
もちろん苦労やストレスが多いのもわかります。
しかし学校時代の延長戦のように青春している同年代の姿もよく見ます。
会社に縛られていても自由な人は自由なんです。
それこそ学生時代と同じです。
会社での恋愛トークをしてくる友人の話を聞くと心がほっこりします。

そんな環境を僕自身嫌いではないのです。
ただ、いられない、迷惑をかけるのです。
通勤中に倒れ、吐き、会社で倒れ吐き。
そんなことを繰り返していたら迷惑ですし、心配してくれる同僚にも申し訳ない。
そこで一度こことは別のブログで稼いだこと思い出し、もう一度独立の道を目指しました。

現在の環境と時間

今は本当に自由です。

好きな生き方を見つけたはずが、今度は自分自身を縛り付けているという事実

このように自由に縛られています。
これだけ自分の時間を増やしてもまだ足りません。
これからもストイックに自分の目標に向かいます。

ただ、ここからが僕の誤算なんです

社会に揉まれて発症する症状。
そう思っていました。
今年、東京都のたくさんの人に揉まれ、自分の異常に気づいたのです。
しっかり病院にかかり、現段階での社会復帰が困難と言われ闘病を始めました。
それからは家にいることが基本になり、最初は何もしない日々でした。

その時すでに他のブログを運営はしていました。
前にも言ったかもしれませんが現在ここを含め4サイトを運営しています。
そして収益はここよりもよその方が上なのも事実です。
でも僕はこのブログを愛しています。
詳細は後日、また記事にまとめますがここにこだわる理由があります。

闘病をシェアしたのはこのブログだけです。

そして社会から逃げた僕は、ここで記録、経験、生き方を発信しています。
雑多でもありますが・・・(笑)
そんな生活だと身体が楽になると思っていたんですね。

ストイックであろうとなかろうと、苦手な乗り物に乗らなくてもいいし人混みに行く必要もないです。
そして上司に怒られることもないし嫌いな飲み会に行く必要もありません。
圧迫してくる環境がなければ薬の有無がなくても楽になるんじゃないかと思っていました。

現実は違いました。
環境は変わっても薬を飲んでも現状は変わらず、定期的な動悸や痙攣、嘔吐を繰り返します。
去年から比べると体重は10kg落ちてしまいました。
それでもできることをやりたい一心で頑張ってます。

楽ではあるけど楽ではない

楽ではあるんです。
でも楽ではないんです

症状が悪化した時に外出先じゃないのが救いであり、家にいてもやはり悪化して辛いです。
それでもブログも書きますしクライアントから頼まれた記事も執筆します。
動いていないといられないんですね。
そして僕は何よりブログが好きです。
好きなことを書こうと収益を狙って好きでもないことを書こうとも。
ブログという物自体が好きなんです。
自由な時間に好きなことをしているっていうのは事実なんです。
ストイックで自分を消耗しても気持ちがいいんです。

ただこの症状だけが邪魔でしょうがありません。
外で働くのがダメで家でもダメなのかと思ってしまいます。
だから僕は病気とは戦っていきます

減薬しながら継続します

[パニック障害]睡眠薬は今の僕にとって悪影響としか思えない[不眠症] 間違いなくこいつらは僕の心を蝕んでます。
控えめに抑えてはくれますがすぐに元に戻り、挙げ句の果てには離脱症状という別の症状に発展します。
正直症状が増えたという認識です。
どうしようもない時の頓服に飲むべき薬だと思います。
じゃないと身体が余計壊れます。
いや、壊れました。

不眠症レベルは間違いなく以前より上がり、動悸発生率も身体が覚えたのか増えました。
僕の中で悪影響だと唱えております。
断薬はできないので減薬し少しの離脱症状は我慢しながら、僕はそれでもブロガーを続けます。

まとめ

自分の病気と自由の中で向き合って、改めて共に出発するところです。
ブロガーと病は相性に関して抜群だと思ってます。

そして僕はブログがただただ好きです。

つまり幸せではあるんです。

僕は身体の中に暴れん坊を抱えながら、これからずっと自由の中でブロガーをやります。
誰に何を言われようともう僕の意志は固まっています。

今後もできる限りのGiveができるよう頑張ります。

ではまた!