High sierra環境で社外SSDを「trimforce」でtrim有効化!そしてメモリ増設に失敗した話

室温40度、熱中症になってしまう…。
エアコンが恋しいひめたそん@himetasonです。

またもや社外SSDのtrim有効化とトラブル

Snowleopardを搭載した古の石版(MacBook)でここ1ヶ月ぐらい作業をしていた僕。
本日縁あってHigh Sierra環境にする事が出来たのだ。
これでセキュリティ面やアプリ面で不自由しなくなるぞ。
しかし環境構築までの道のりに地獄を見たのでここに記録しておこう。

縁あって入手したMacBook

本日縁がありMacBookを入手したのだが、OS無しでHDDでメモリが2Gしかないという代物。
まずは一度手持ちのEl Capitanをインストールし動作確認。
無事である事を確認し、冒頭の画像の様にバラバラに解体した。
そしてメモリを増設し起動を確認。
次にサクッとSSDに換装し再度OSをインストール…。

数年ぶりに見たカーネルパニック

しかしインストールは数秒で完了。
SSDだからってここまで早いかと疑問に思ったらインストールされてない
再度試みると今度はインストーラーが立ち上がらない
SSDを他のMacで初期化してまた試すも上手くいかず、時折電源すら入らない
やばい壊したかと思いつつPRAMクリア等をした後やっとインストーラーが起動。
と思いきやローディング中に何年振りであろうかカーネルパニックでフリーズ
その後何度も同じことになり交換した部品を疑う事にした。
結論から言うとメモリが原因だった。
相性が合わなかったのだろう。
元に戻したら全てが上手くいった。
しかし2Gはきついぞ…。

社外SSDのtrim有効化

何はともあれ無事インストールが完了しHigh Sierraに続けてアップデート。
最初こそ重すぎだったがインストール後しばらくすると割と快適。
ある程度設定を終えふとハードウェアの確認をすると、予想はしていたがやはりSSDのtrimが有効になっていない。

Snow Leopard搭載の旧MacBookにて社外SSDのTrimを有効化出来た話

この時OSは違うがアプリケーションで有効化したのだが、今回そのアプリは使えない。
その結果ターミナルから有効化してみる事にした。
早速ターミナルを立ち上げ、

「sudo trimforce enable」

と入力してリターンキーを押す。
しばらくして再起動し再びSSDを確認するとしっかりtrimが有効化されていた。
今回は簡単だったが一応たまに確認して無効になってないか見る事にしよう。

まとめ

というわけでサクッと終わると思っていた環境構築に半日以上費やしてしまった
しかしこれで作業は捗るはずだ。
だがやはりメモリ2Gは足りなすぎるので増設しなきゃいかん
↑後日別のメモリを購入し増設完了。
やはり相性問題だったようで増設した現在は快適に稼働中。

メモリの相性問題にぶち当たったのも本当に久しぶり。
カーネルパニックの画面も久しぶりに見る事が出来たな。
さて溜まった作業をこれから消化だ。

ではまた!