フリマアプリのメルカリを1年以上続けてみた感想

フリマアプリのメルカリを1年以上続けてみた感想

物を売りに行くのもキツいひめたそん@himetasonです。
メルカリの名前はかなり広まっているだろう。
テレビCMでもよく見ると思う。

Advertisement

人気フリマアプリ「メルカリ」

在宅ワーク、ノマドワークを探求していく中で僕が利用している、スマホで手軽に商品の売買を出来るフリマアプリのメルカリ
こちらを利用して1年以上経過したので思った感想を書いていこう。

購入者側視点

僕はメルカリにて結構な数の商品を購入した。
支払いはカードやコンビニ払い等多岐にわたり手軽に買いやすい。
思いがけない掘り出し物を発見する事もあり見ているだけでも楽しい。
人気な商品は競争率も激しいが。

僕が商品を選ぶ中で注目しているのは発送方法。
ゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便
これらの発送方法を好んで購入する。
なぜかというと保証の話。
一度輸送トラブルがあったのだが、この発送方法で送られてくる物に関してはメルカリの運営さんがしっかり対応してくれる。
それもかなり迅速だったので好感が持てた。

出品者側視点

最初は専用という言葉に苦悩した。
結局のところ買う意思のあるユーザーに専用ページを用意し、その人にしか買えないようにするという事。
僕は現在めったに使わない。
最初の頃は使っていたのだが専用にしてから1ヶ月あるいは2ヶ月取り置きをお願いされたり、多少のトラブルがあったからだ。
なので出来る限り即購入okにしている。

そして送料の話。
これは送料込みの出品の方が売れる傾向にある。
小物等の出品は定形外も使うが、購入者側の方で説明した通りメルカリ便での発送をメインにしている。
保証の観点もそうなのだが、コンビニでバーコードを読み取るだけで済んでしまう。
自分で運送会社を手配するより遥かに楽だ。
やることは梱包のみである。

出品ページもわかりやすく写真も貼りやすい。
手軽に出品出来るのはメルカリの良いところだろう。

まとめ

個人売買のデメリットとしては主観の相違でのトラブルがある。
実際に商品を見てもらう事は出来ない故、購入側も売り手もその点を注意する必要がある。
それを踏まえた上で活用するならばかなり便利なフリマアプリだと思う。

在宅ワーク?地元の掲示板ジモティーを1年以上使った感想

↑こちらはジモティーを利用した感想。
またメルカリとは違った部分があり適材適所だと思う。
不用品の処分に悩んだら一考してみよう。

ではまた!

ブログ、在宅、ノマドカテゴリの最新記事