精神安定剤ベンゾジアゼピン系の薬を減薬して依存、離脱症状が出るか確かめてみた

結局バッテリーの無いMacBookで、ケーブルに繋がれながらブログを書くひめたそん@himetasonです。

以前の動悸や発作は本当に薬のせいだったのか

この一件があってからというもの、今処方されている薬に疑心暗鬼になっている。

アルプラゾラムの依存、離脱症状?ベンゾジアゼピンの離脱らしき症状で地獄をみた話

だって本当に辛かったんだもの。
このベンゾジアゼピンという成分がどうもくせ者な気がする。

今の薬にベンゾジアゼピンが入っているのは

今処方されている中でこの成分が入っている薬は2種類。
アルプラゾラムとハルラック。
抗不安薬と睡眠薬だ。
前者は朝晩2回、後者は寝る前に2錠。
結構多いな…。
本当にこの薬達が犯人なのか試してみた。

減薬してみる

とは言っても前回みたいにどうしようもなくなるのは嫌なので、睡眠薬を飲むのを止め抗不安薬を1日1錠だけにしてみた。
1日1錠を飲むタイミングはヤバいと思ったらという事でここ数日実践した。

1日目で異変

異変が起きるのは早かった。
最後に飲んでから10時間以上経過した程だろうか。
徐々に動悸が顔を出してきた。
それと共に全身の脱力感、めまい。
…やはりこの薬が犯人だったのか。
前の様になるのが嫌だったので1錠飲み数十分後治まった。
次の日からは飲まずに押さえる方法は無いか試してみる事にした。

パソコン作業に集中してみる

何かに没頭していたら治まるかもしれない。
2日目に動悸が起こり始めてからパソコンの作業に没頭してみる事にした。
しかし、

治まるどころか目が回って吐き気まで起こした。

いやはやしばらく動きたくなくなったね。
この日も結局処方通り飲み、やはり落ち着きを取り戻した。

熱唱してみる

3日目は最近個人的に練習している、ビブラートの練習を兼ねアコギを取り出し熱唱してみた。

…効果絶大!

腹式呼吸のおかげなのかなんなのか。
熱唱している間は動悸も発作もめまいも治まるではないか。
これは新しい発見だ。
しかし止めたら徐々にまた症状が現れ、最終的には飲む事になるんだけどね。
後この行為はどこでも出来るわけじゃないから対策としては難しいな。

運動をしてみる

と言っても部屋で出来る事は限られているのでこれまたエレキギターを今度は取り出し、パンクミュージックに合わせて弾き狂ってみた。

…完全に目が回って動けなくなった。

まぁそうなるよね。治まるどころか悪化したわけだ。
運動したら血は廻るし暑いし、単純に体力低下しているから尚の事これはいかんな。

まとめ

なんだか無駄な事をした気もするが、まず離脱症状である事は確実かもしれない。
これはいつか減薬、断薬する時は苦労するぞ…。

そしてこれは終止なのだが、この試している期間睡眠薬は飲まなかったのだが全く眠れなかった。
完全に依存している。
こちらについては無理に眠る必要の無い日は抜いて、徐々に頼らなくてもいいようにしていこう。
身体には絶対良い物ではないからね。

やっぱり薬は処方されたからといっても、しっかり自分で調べてみる必要があるという事だ。