医療費の節約は心も楽になる!自立支援医療を利用して通院の負担を減らそう

医療費の節約は心も楽になる!自立支援医療を利用して通院の負担を減らそう

どうもひめたそん@himetasonです。
今日はコンビニしか行ってない。
家にいるのは息が詰まるね。

Advertisement

自立支援医療は絶対利用するべき

さて闘病と意気込んでから3ヶ月以上経過したわけだ。
世に言う「心の病」というやつは、意識してないだけで社会に揉まれる誰しもが抱えていると思う。
どんな生き方をしていても少なからずストレスは感じてしまうだろう。

病は気からという言葉もあるくらい心と身体は密接しているようだ。
気合いとか気の持ちよう等と言い今まで僕はやってきたのだが、きっとそれが限界点を向かえたのだろう。
今まで生きて来た中で一番の絶不調を味わっている最中である。
そんな自分が情けないと思いつつも上手くいかない現実
僕なんかよりももっと辛い思いをしている人もいる。
病院に通うようになって改めて思った。

病院にかかる経費

そんな病を抱えた人。
重くなってしまうと働くこともままならなくなる人もいるだろう。
現在の僕もその状態である。
そこで出てくる一つの問題、経済難

精神科や心療内科etc…。
病院にかかるようになったら発生するのが医療費
診察代に薬代、心理面接代等結構な金額になってしまう。
それなのに働けないという状況。
生活がパンクしてしまう。

実際の金額

僕の場合は大体だが1ヶ月で、

診察代 約1500円x2回
心理面接代 約500円x2回
薬代 約1500円x2回

合計 約7000円

検査が増えたりするともう少し増えることもある。
仕事が出来ず毎月この金額がかかってくると中々負担である。
しかし途中でやめてしまえば中途半端に社会復帰することになってしまう。
せっかく重い腰を上げ始めた治療がもったいない。

病院代が安くなる制度

そこで紹介したいのが、

「自立支援医療」

知っている人も多いとは思うが簡単に言うと医療費が安くなる。
3割負担が原則1割負担になる制度だ。
実際に僕が申請し、5月28日に受給者証が届いた。

必要な物

申請に必要なのは各市区町村で確認が必要だ。
僕の場合は、

診断書
保険証
印鑑
所得証明書

これらを最寄りの役所に提出した。
約1ヶ月で届いたのだが、申請日に遡って適用されるとの事で、1ヶ月に支払った医療費の一部が返って来た。

自立支援医療を申請した結果

受給者証を貰ってから現在約1ヶ月にかかった医療費は、

診察代 約500円x2回
心理面接代 約70円x2回
薬代 約500円x2回

合計 約2140円

相当減った!
当初の金額で3ヶ月ちょっと通えてしまう。
精神科に通う人の大半が長期通院になる場合が多い事を考えると、あくまで僕の場合だが1年で約58000円位負担が軽くなる。
これは結構な金額だ。

まとめ

負担が減れば通院や生活も少し楽になり結果的に早期な社会復帰も目指せる。
もし悩んでる人がいれば是非活用してもらいたい制度だ。
また、心の病は気づかない事も多い。

早期発見、早期治療で早めに治そう。
病院に通院することになった時、最初から自立支援医療を活用できれば負担が減るだろう。

メンタルヘルスカテゴリの最新記事