医療費の削減は心も身体も楽になります。自立支援医療を利用して通院の負担を減らしましょう【節約】

おはモニ。
どうもひめたそん@himetasonです。
今日もコンビニくらいしか外出していません。
家にいるのは息が詰まりますが快適引きこもり生活です。

自立支援医療は絶対利用するべき理由

パニックや不安障害、うつ病の治療を始めてからしばらく経ちました。
世に言う「心の病」というやつは、意識してないだけで社会に揉まれる誰しもが抱えていると言います。
どんな生き方をしていても少なからずストレスは感じてしまうものです。

病は気からという言葉もあるくらい心と身体は密接しているんですね。
気合いとか気の持ちよう等と言い今まで僕はやってきましたが、きっとそれが限界点を向かえたのだと思います。

今まで生きて来た中で一番の絶不調を味わっている最中でもあります。
そんな自分が情けないと思いつつも上手くいかない現実
僕なんかよりももっと辛い思いをしている人もいるでしょう。
病院に通うようになって改めて思いました。

そんな病を抱える人の参考になれば幸いです。

心療内科、精神病院にかかる治療費

そんな病を抱えた人は重くなってしまうと働くこともままならなくなることもあると思います。
現在の僕もその状態なんですね。
そこで出てくる一つの問題が経済難です。

パニック障害・不安障害、負担のかかる医療費からの経済難〜節約しよう〜

精神科や心療内科etc…。
病院にかかるようになったら発生するのが医療費
診察代に薬代、心理面接代等結構な金額になってしまいます。

それなのに働けないという状況。
生活がパンクしてしまいますね。

実際の金額

僕の場合は大体ですが1ヶ月で、

・診察代 約1500円x2回
・心理面接代 約500円x2回
・薬代 約1500円x2回

 

合計 約7000円

検査が増えたりするともう少し増えることもあるあります。
仕事が出来ず毎月この金額がかかってくると中々負担ですね。

しかし途中でやめてしまえば中途半端に社会復帰することになってしまいます。
せっかく重い腰を上げ始めた治療がもったいないですし治るものも治らなくなってしまいます。

病院代が安くなる制度をご存知ですか?

そこで紹介したいのが、

「自立支援医療」

知っている人も多いとは思いますが簡単に言うと医療費が安くなります。
3割負担が原則1割負担になる制度なんですよ。
実際に僕が申請し、某月28日に受給者証が届きました。

必要な物

申請に必要なのは各市区町村で確認が必要です。
ここでは僕が必要となった物を書きます。

・診断書
・保険証
・印鑑
・所得証明書

これらを最寄りの役所に提出しました。
約1ヶ月で届きましたが申請日に遡って適用されるとの事で、1ヶ月間に支払った医療費の一部が返って来ました。

自立支援医療を申請した結果

受給者証を貰ってから現在約1ヶ月にかかった医療費は、

・診察代 約500円x2回
・心理面接代 約70円x2回
・薬代 約500円x2回

 

合計 約2140円

相当減っていると思います。
当初の金額で3ヶ月ちょっと通えてしまいますね。

精神科に通う人の大半が長期通院になる場合が多い事を考えると、あくまで僕の場合ですが1年で約58000円位負担が軽くなる計算になります。
これは結構な金額だと思いますよ。

結論

負担が減れば通院や生活も少し楽になり結果的に早期な社会復帰も目指せます。
もし悩んでる人がいれば是非とも活用してもらいたい制度だと思います。
また、心の病は気づかない事も多いです。

体調がずっと優れない、疲れやすくなった人。ストレス、不安を抱えていませんか?【心の病気】

早期発見、早期治療で早めに向き合っていきましょう。
病院に通院することになった時、最初から自立支援医療を活用できれば負担が減ります。

注意すべきは病院と薬局各1つしか登録できないということです。
相性の合わない病院ですと後々大変ですので、しっかり吟味して病院を決めてから自立支援医療の申請をしましょう

どれではみなさんもお体に気をつけてください。

ではまた。

Welcome!