ジャンクコーナーで激安なフィルムカメラを手に入れたらモルト交換をしてみよう

いつも日陰に暮らすひめたそん@himetasonです。

フィルムカメラの劣化したモルトを交換

リサイクルショップのジャンクコーナー。
そこにはフィルムカメラの掘り出し物があるかもしれない。
専門店じゃないとなかなか査定時に動作チェックも出来ない。
それ故に正常に動作するフィルムカメラがありえないほど安い値段で置いてあることがある。
専門店の中古では数万円するカメラがワンコインだったり。
そんな掘り出し物を見つけた時に手軽にできるメンテナンスを紹介しよう。

ジャンクコーナーにあるフィルムカメラ

試しに僕はリサイクルショップに行きNikonのFEを発見してきた。
露出計や各種動作問題無しでしっかりシャッターも切れる。
ワンコインで激安なジャンクフィルムカメラだ。

ただ古いカメラの大半はモルトが酷いことになっている。
例に漏れずFEのモルトも酷かった。
ほぼ無いに等しい。
外装は傷ひとつなく綺麗だし、モルト交換してしっかり使っていこう。

作業開始

僕が使うのはジャパンホビーツールのモルトプレーン。

1度買ったらしばらく無くならない。
頻繁に使うものでもないからだ。

他には結構細かい作業なのでピンセット、埃を飛ばすブロアもあると良い。

まずは本体に残ったモルトや糊を剥がし綺麗にする。

外したモルトのサイズを参考に新しい方をカット。
古いモルトが貼ってあった場所に新しいモルトを張り付ける。
ミラー受けの部分は劣化が激しく砕けたモルトが内部に入っている事がある。
メンテナンスついでにブロアなどで綺麗にしておこう。

フィルムを入れる裏蓋周りはしっかりやらないと光が入ってしまう。
細い溝に残った糊や傷んだモルトを除去して、また新しいモルトを張り付ける。
なかなか剥がれない時は根気勝負である。
無水エタノールなんかがあれば少し楽かもしれない。
最後に張り忘れがないことを確認して完了。
これで機関が壊れなければ活躍できる。

まとめ

多少手間はかかるけど、結構いいカメラも破格で置いてあったりする。
モルト交換だけで現役復帰出来ればお得だ。

ただその場でシャッターが切れても、ミラーの角度等が狂っていてちゃんとピントが合わなかったり、シャッター速度が正確じゃないものもある。
本格的なオーバーホールは初心者には難しい。
あくまでジャンクということを念頭に入れて楽しもう。
もし掘り出し物を見つけた時は、しっかりその場でチェックするのが大事だ。

撮り歩きな季節にフィルムカメラOLYMPUSのPEN-FT

↑ハーフサイズカメラの話。

ではまた!