一般の人達に心の病を抱えてる人に対しての印象を聞いてみた

コミュ障になった僕はちょっとでも嫌な事があると気分が落ち込む話

さてこの記事の通り軟弱男になった僕だが、そんな事ではいけない。
鍛えることを誓ったひめたそん@himetasonです。

心の病に対しての印象と対応

よくうつ不安障害で悩んでいる人は誰にも理解してもらえないと言う。

心療内科でうつ病チェックを受けたらうつ病と診断された話

↑このように患った自分ですら理解していなかった
実際に心の病を抱えている人に対して一般の人はどんな印象、またはどんな対応をしているのか地方民なので偏りはあると思うが、色んな人に聞いてみた。
知人以外の人にも聞ける機会が多々あったので沢山の話を聞く事が出来た。
しかし否定的な意見が多いので閲覧注意である。

身近に心の病経験者、闘病者がいない人

聞いた事をそのままストレートに伝えるのはよろしくない。
ある程度言葉を変えて紹介する。
まずは「心の病を持つ人が知り合いにいない」という人の意見。
多かった順に紹介していく。

1「特殊な人というイメージ。理解が出来ない。」

 

2「切り替え、割り切りが出来ない人というイメージ。」

 

3「ヒステリックな人というイメージ。」

 

4「大変な生き方してそうなイメージ。」

 

5「忍耐力が足りない人というイメージ。」

やはり1番は理解できない、特殊な人という印象を抱いている人が圧倒的に多かった。
切り替え、割り切りと忍耐力に関して自分への甘えが強いという意見。
そして短気、ヒステリックで大変そうだとあまり関わりたくないという意見。

消耗するくらいならいっそ常識や責任から逃げてしまえばいい

この時書いたように理解できない対象には先入観と否定の意識が強かったように思う。
大方予想してはいたが中々僕の心に刺さった。

友人、家族に心の病を抱えている人がいる場合

次は身近に心の病に悩む人がいるパターンだ。
先ほどのように多かった意見から紹介。

1「理解できず付き合いづらい。」

 

2「そういう人はそういう人と割り切って付き合っている。」

 

3「ヒステリックで付き合いづらい。」

 

4「自分も辛くなる。」

 

「理解してあげたい、助けたい。」

先ほどと同じように理解出来なく付き合いづらいと感じる人は多かった。
しかし自分にも原因があるのではないかと悩んでいる人がいたり、家族や大事な人を助けたいという意見もあった。
距離が近い人ほど他人事ではなくなるのは確かに納得である。
改善、解決の為に橋渡ししてあげる事は大事なことだ。
だが4と5の意見、闘病者にはありがたい言葉なのだが、今回1番問題に感じた部分。

自分も心の病になってしまった人

今回は心の病を体験したことがない人に意見を聞いていた。
しかし身近に悩んでいる人がいる場合に、自分も患ってしまったという人がいた。
友人や家族が辛い思いをしていたら確かに自分も辛くなる。
だがその思いが次の心の病に至ってしまうのは悲しい。
元々自覚がなくても心に病が潜んでいる人はいる。
特に先ほどの自分に責任を感じてしまう人は背負わなくてもいいものまで背負い過ぎてしまう。
一度引き金を引いたら中々抜け出すのが難しい心の病。
優しさは素直に嬉しいものだがやっぱり抱え込みすぎるのは誰にとっても良いことでは無い
先ほどの通り悩む人の橋渡しをしてあげるのは大事だが背負い込むのは負担が大きい

まとめ

生きる事の意味を見失いやすい時代。
誰でも心の病に落ち込む可能性がある。
自分の変化を見落とさず事前に回避できる事が望ましい。
そして心の病を理解出来ないし人生が充実しているって人、それが一番だ。
心に限らず病気は誰もが嫌だし健康が一番である。
本当に理解する時は当事者になってしまった時。
ストレスや疲れの扱い方を見失った時は黄色信号だ。
回避出来るものは回避するのも大事。

参考 うつ病の兆候を見逃すな!うつ病経験者に聞いたリアルな兆候ハナhaLIFE

↑僕がいつも参考にしているフォロワーの花ぽん@utsuhanapon さんのブログ。

今回分かったのは想像以上に身近に悩む人が多くいるという事実。
治す事と共に患わない事に対しても考えていく必要がある。
もし気になる事があって病院に行く、または病院へ行く橋渡しをしてあげる際は、

医療費の節約は心も楽になる!自立支援医療を利用して通院の負担を減らそう

等の制度もある事を頭に入れておいて欲しい。
負担を減らすのは大事な事だ。

僕自身まだ迷子状態だが色んな意見、人を見ていく内に答えが見つかる気がした。