抗うつ薬「セルトラリン」と「そうろう」という言葉の関係を知った

日本各地非常に暑い日が続いており熱中症が不安になる。
水分、塩分補給に気をつけて快適な毎日を送れるよう心がけよう。
とにかく冒頭に熱中症注意を呼びかけるひめたそん@himetasonです。

僕の飲む薬と「そうろう」

ここ最近検索から僕のブログに来てくれる人も増え「本当にありがとうございます」という感じです。

毎日何気なく見ているアナリティクス。
ふと検索の欄を見ていて気付いてしまった。

「そうろう」

…は?
Why?
僕はそんな話題書いた覚えないぞ。
これはまさか…。

誤字を探す

僕の書いている記事の中に誤字によりそのワードが生まれたのかもしれない。
それは…めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないか。
という事でしばらく昔の記事から最近の記事まで目を通してみる。

無いぞ…。

見落としているのか。
まずい見つけられない。
もし本当に誤字でその語句があって、恥ずかしいというのもあるが本気で検索してきた人に解決になる記事なんて1つもないぞ。
色んな意味でまずいじゃないか。
それからひたすら探すも見つかる事は無かったのである。

調べてみよう

仕方ないので調べる事にした。
僕が今まで書いた記事に「そうろう」に繋がる何かがあるのかもしれない。
今まで検索した事無い組み合わせ、というかそもそも検索した事が無いキーワードだ。
何度も色んな組み合わせで検索してもなかなか見つからない。
というか病院がいっぱい出てくる。
今まで知らなかった知識が沢山得られる。
…そうじゃなくて。
僕のブログとの繋がりはいったいなんなのだ。
しばらく検索して1つの答えに辿り着いた。

僕の飲む薬との関係

僕は良く薬の話題を書くのだがこちらと組み合わせるとなんとヒットした。
普段飲んでいるSSRIのセルトラリンという薬は…、

そうろうに効果があるという!

これなのか。
これなんだよな?
誤字じゃなくこれが正解なんだよな?
不安は拭いきれないが恐らくこの薬の話題が「そうろう」に繋がったものと思われる。
びっくりした…。

そういえば自分の薬をちゃんと調べようと副作用を検索した時、副作用の中に性機能障害が発生すると書いてあった事を思い出した。
しかも8割型の人が起きてしまうらしい。
僕は元々性欲が少なく(彼女がいる時は人並)1人身である今特に重要視していなかったのだが、その作用を逆手に取った効果なのか。
深く調べるとそうろうに対して処方されているわけではないらしい。
まさかこんな発見をしてしまうとはブログをやっていると色んな事が起きるもんだ。

まとめ

という何とも言えない話だ。
まず検索でここに来てしまった方々解決出来る記事が無くて申し訳ない。
しかし副作用や依存の話は薬のリスクについて理解できると思う。

アルプラゾラムの依存、離脱症状?ベンゾジアゼピンの離脱らしき症状で地獄をみた話 依存、離脱症状が怖い!睡眠薬の弊害と恐怖 セロトニンに作用する錠剤「セルトラリン」副作用を調べたら恐怖しかなかった

詳しくは分からないが正式に処方されていない薬の利用は厳禁
薬について知るという意味では是非参考になれば幸いである。

とかなんとか言って実はやっぱりどっかに誤字がありました!
なんて事だったら事件だな…。
この記事を書き終えたら何度も過去記事を確認する事にしよう。

ではまた!