心の病の憂さ晴らし、気晴らしにGR digitalでスナップ撮影〜東京と撮り比べて〜

心の病の憂さ晴らし、気晴らしにGR digitalでスナップ撮影〜東京と撮り比べて〜

西陽のあたる部屋。
夕方から室温は暑くて仕方なくなるひめたそん@himetasonです。

Advertisement

心療内科へ通院の経過

さて病院通いも慣れて投薬や治療は着実に進んでいる。
治る兆しはまだわからんが少し実感出来る事も出てきた。
やはり今の病院とは相性が良いようで、意思疎通も出来るし歩幅も合わせてもらえて本当に感謝している。

医者、カウンセラーはやはりプロである

そしてやはりプロであると今日改めて体感した。
的確に当てられる今の自分の状態。
指示、指摘にびっくりした。
特に心理面接は今後の為になると思う。
話を聞いてくれるだけではない。
多方面から原因を検証し提案してくれる。
診察、投薬より健康的で実行しやすい事から始められる。

少し気持ちが和らいだ

この先の見えない人生に少しばかりの兆しが見えた気がする。
それくらい見えなかった症状や自分の状態を少しでも知ることができた。
改善出来たわけではないが、どうなったら改善したと言えるのか。
そんなものが少し見えた気がした。

叶わなかった願望や希望に向かうためにも前向きに頑張っていこう。

息抜きにGRで写真

さてそんな病の気晴らしにスナップ撮影。

愛用のGRdigitalで撮り歩く。

東京と地元での撮り歩きの違い


最近は晴天の日も増えて、外で写真を撮るのが捗る日々だ。

東京での撮影と比べて

しかし、東京にいる時はスナップ欲がひたすら掻き立てられたのだが、帰ってきてからはあまり写欲が湧かない。
これはネガティブになっているというのもあるが、それだけではない。
僕はストリートスナップが好きなのだと改めて実感したからだろう。
ポートレートも好きだからその方面は良いのだが、札幌の中心部を除きどうしてもネイチャースナップ寄りになってしまう。


それが悪いわけではないんだけどね。

好きなシチュエーション

街と生活を切り出すのが好きだ。
都会である必要は絶対ではないんだけど、生活感と人工建造物のバランス。
やはり東京は色んな顔を見せてくれて写欲が止まなかった。
また上京する機会はあるだろう。
おそらく今年中にはまた。
その時はもっと色んな街に足を伸ばして思う存分切り取ろう。

まとめ

でもその前に北海道の良い所を探して、こっちでも色んな写真を撮れるよう精進しようじゃないか。
地元を愛せなければいけない気がする。

調子が良くなったらもちろん旅にも出たい。
色んな街や景色をスナップ撮りながら歩き回りたいのだ。
今は自由なノマド生活。
どこに行ってもやっていけるのだから。

ではまた!

カメラカテゴリの最新記事