オリジナルWordPressテーマ及びメディアサイトの公開準備中です

復活せよ!白ポリカボディMacBookを社外SSDに換装した話

最近愛用するGR君が不調。
異音やレンズの収納不良が起きている。
愛用のカメラの故障に怯えるひめたそん@himetasonです。

旧型MacBookのストレージをSSDに換装

最近酷使している古の石版こと「初代MacBook」。

互換バッテリーで白ポリカMacBookが復活。外で使える石板になった

バッテリーを交換し外での作業が出来るようになって、なんやかんやと愛着が湧きつつある。
パソコンを弄るのが好きな僕はもう少しこの石版に活躍してもらうべく、今回はストレージの交換を試みた。

SSD

ストックしてあったこちらのSSD。
こうして見てみると思うのだがほんとSSDって安くなったよね。
数年前は120Gでも結構高かった。
今じゃこんな値段で買えてしまうどころか、もう1テラ以上の容量でも割と手頃だったり時代は変わるものだ。

交換作業

早速交換。
今回は使い込んで古いMacだしOSは復元ではなくクリーンインストールする事に。
早速前回のバッテリーを外しHDDを取り出す。

 

古いMacは取り出しやすくていいね。
HDDのマウンタを止めてあるネジは、トルクスドライバーという星形っぽいドライバーが必要。

 

↑こんなの。
そんなに高くないのでMac等を弄る人は買っておくと良い。

さくっと交換してOSのインストール…と思ったのだが認識しない。
MacBookが古すぎて認識しないのかと一瞬焦ったがSSDをフォーマットし忘れていた。
一度HDDに戻しUSBでSSDを接続しフォーマット。
改めて交換しインストール。

気持ちSSDだからか早い気がしないでもない。
インストール後各種アップデートとソフトのインストール。
久々に石版がまっさらになった。
Macのオープニングムービーが懐かしい。
少しわくわくした。

交換後の使用感

一通り作業は完了し環境は整った。
現在はSSD換装済みの石版で執筆中。
バッテリー交換しSSDにした事により、ハードウェア的にできる事はもう無いであろう。
使用するにあたり無水エタノールで洗浄もしたのだが、液晶側のMacBookの文字が消えかけた。
ショックだった…。

さて換装した使用感はというと多少早くなったかな…?という感じ。
本体のSATA規格が古いのもあり、SSDの性能は出し切れない。
それでも起動やアプリケーションの立ち上がりはやはり交換後の方が早い。
バッテリーの持ちも少し良い気がする。
メモリのスワップも少しは早くなってくれると思われるのでこれからの使用で体感できる事を祈る。

1つ残念なのがSSDのtrim機能。
社外なのもあるが古いのでtrimがオフなのだが、オンにしてくれるソフトが今現在見当たらない事だ。
色々探してみたのだがリンク切れでダウンロードが出来ない。
寿命や速度の低下に繋がるのだが、そこだけは古いからしょうがないとあきらめよう。

Snow Leopard搭載の旧MacBookにて社外SSDのTrimを有効化出来た話

後日無事trim有効化出来た。

まとめ

というわけで旧型MacBookをSSD化した話。
今の時代あまり役に立たない内容かもしれない。
しかしストレージの高速化は体感速度に一番貢献してくれると思う。

今後はもちろん新しいMacBookを目指すのだがそれまでの間にする事はまずOSが古く不自由な事も多い。
気が向いたらLinux系でも入れてみようと思う。
後はDVDドライブ。
こやつが壊れて読み込めない。
いっそ取っ払って省電力化か代わりに今日取り外したHDDでも入れて、ストレージを増やすかのどちらかはしたいと思う。
しばらくは付き合っていく事になりそうだし大事に使ってあげよう。