今一度生きる意味や支えを思い出して何の為に進んで行くか考える

どうもひめたそん@himetasonです。
夜は眠れないのに昼は何度寝ても寝たりないってよくありますよね。
夜行性なのかもしれません。
出来ればお店が開いている時間に活動したいものです。

人は目に見えなくて不安になるけれど生きる意味を持っている

はい。そう言い聞かせて早数年の僕です。
不意にくる虚無感や絶望感は辛いもので、人生が迷子状態になります。
それは幸か不幸かではなく、一種の発作だと思っています。

その発作が起きるタイミングが悪いと重くなってしまうんですよね。
自分自身の存在理由をパッと言える人の方が少ないかもしれません。

しかし心は複雑なので盲目になっている場合がほとんど。
気休めにしかならなくても考えや生き方を再認識するファクターが定期的に必要なのかなと思います。

人によっては自然とバランスよくそんなタイミングを迎え前に進めます。
不器用な人や環境の違いで思い込んでしまう人もいるでしょう。
僕は圧倒的に後者ですね。
無と友達になれそうな勢いです。

参考になるかわかりませんが今一度考えてみましょう。

当たり前のことほど見えなくなる不思議

そうなんです。
当たり前に過ごす日常には特に目を向けなくなってしまいますよね。

付き合って長い相手の存在。
当たり前にいる家族の存在。
当たり前にいる同僚の存在。
当たり前に食べる食事。
当たり前にとる睡眠。

などなど自分の生活の一部になっている部分。
悪く言えばマンネリ化と言うのでしょうか。
刺激には足りないかもしれませんね。

しかしその当たり前が1つでも欠けてしまったらどうでしょう。
一気に不幸のどん底に落ちた気分になりますよ。
それだけ当たり前って大事であり、その為に生きていると言っても過言ではないかもしれません。

そして欠けてしまってからじゃ遅い。
人って失って初めて気づくことが多いですからね。
それは相手が人でも物でも何でもいいんです。

維持することって大変で難しいんですよ。
なので挫折したり迷ったり見失ってしまいますが、一呼吸おきましょう。
そして当たり前の日常を新しい気持ちで眺めるんです。
そこに自分の存在理由があります。

割と小さすぎる事でも幸せって感じられます。

現実に嫌気がさしている場合は少しずつ変えていく

みんながみんな幸せな日常を送っているわけではありません。
辛い思いをしてばかりでは心が疲れてしまいます。
そんな日々を送っていたら自分を見失ってしまうのも仕方ありません。

僕も立て続けに辛いことが連続すると滅入ってしまいます。
そんな時は逃げてしまいます。

そんな簡単じゃないんですよね。
大人になればなるほど辞める、逃げるが難しくなってしまいます。
つまりそこが1番の難所なんですよ。

難しいから悩み、辛く迷子になります。
今は自由に生きやすい時代とは言われていますが、そこに足を踏み入れる為にはリスクと勇気を要すのは間違いありません。
自由が楽とも限りませんし。

しかし変える事が自分の為、身内の為、家族の為になることもあります。
人は十人十色で適材適所があります。
自分にあった生き方を探すことは長い人生で必要なことですから時には勇気も必要ですね。

当たり前や常識というのは不特定多数が勝手に決めたものと割り切り探求するのも悪くありませんよ。
生きる為に必死になることはイコールで生き甲斐にも繋がりますからね。

少なからずハンデやコンプレックスを抱えているのが人間です。
人間らしく生きていきましょう。

この段落は読み飛ばしてOKです

僕は最近改めて当たり前が愛おしくなりました。
この前震災を経験した時です。
当たり前に使っていた電気を数日間失いました。

当たり前に書いていたブログ。
まぁ久々に紙とペンで書き溜めるのはアナログのメリットを痛感しましたけどね。

そして何より当たり前に毎日流している音楽と百合アニメ。
くだらないと思うかもしれませんが僕にとっては死活問題でした。

僕の頭の中を8割ほど百合アニメは占めていますからね。
まさにガス欠ですよ。
電気が復活してまず初めに視聴しました。

まさに生き甲斐を再認識です。

こんな事でも(僕にとっては重要)生きててよかったと思えるのですからね。
生き甲斐は見え難いだけで灯台下暗しなのでしょう。
日常の再確認、生き方を変えるという2通りで人生を見直す時間が大事ですね。

まとめ

という事で今日は生き方についての雑記でした。

満足していても不満でも道には迷います。
隣の芝は青いものですしね。
どうしても自分と人を比べたくなってしまうのはわかります。

くさい事を言いますが間違いなく人はオンリーワンです。
無個性も個性です。

見失ったら一度足を止めて自分の周りを見渡しましょう。
現状の幸せを見つけたり新しい幸せの道があるはずです。

僕も焦らずゆっくり進んでいきます。
当たり前を大事にしていきます。

是非何かの役に立ててください。

ではまた!

Welcome!