オリジナルWordPressテーマ及びメディアサイトの公開準備中です

ニートは自由を活かせ!就職先はブロガー、フリーライターでいいんじゃないか

どうもひめたそん@himetasonです。
僕は自由な生き方を応援します。

ひきこもり、ニートは最強だと思う理由

僕のように闘病ひきこもりな人。
社会、仕事が嫌いでニートな人。
僕の思うことを先に言おう。

「別にいいじゃないか。」

長い人生好きに生きたらいい。
自ら辛い生き方を選ぶ必要はない。
病気がちなら無理して身体に鞭を打つ必要はない。
人に揉まれ雇われるのが嫌なら新しい人生を探せばいい。

僕は今完全に自由を満喫している。

だがしかし、生きていくのにお金は必要。
衣食住の確保は必須なのだ。

自由人生の僕が思ったニート最強の理由は次の通り。

圧倒的な時間の確保ができる

起きる、飯食う、寝る。
生活の基本以外の時間は全部自由時間。
何をするにも誰より時間を費やせる。
社会人より圧倒的に何かを極められる。

才能がある人間は一握りで大半が努力で成功している

その努力に注ぐ時間を誰よりも作れるのだ。
好きなことを探す時間、何かを目指す時間。
しかも長い人生だ。
無限大じゃないか。
つまりひきこもり、ニートは無限の可能性を秘めていると思っている。

実はかなりの情報をインプットしている

スマホやパソコンを今や大体の人が持っている。
そしてテレビも好きな時間に見れる。
家に篭っている人たちはかなりの確率でネットの世界の住人だ。
人一倍いろんなサイト、番組などの情報網の中に生きていると言ってもいい。

自然とたくさんの知識を蓄えているのだ

趣味だろうと芸能関係だろうとIT関係だろうと、各々の興味のある分野。
時間に拘束される人たちと比べて所有する情報量は半端じゃない。
僕も気になることを調べ始めたら1日過ぎてたなんてこともある。
話題も先取りしていることが多いのではないか。

それってすでに自分のスキルになっているんだよ

頑張る矛先を変えればその道のプロも目指せるかもしれない。
何より人に教わったこと、やらされていることと違い自分が好きで身につけた知識。
それってかなり強い力なのだ。
自分が欲して得たもの、覚えたものは忘れづらいし体に馴染んでいる。

実はすでに職人になっているかもしれない

自分は劣っているなんて思わなくていい

病気で人に迷惑をかけている。
働かずに人に迷惑をかけている。
そう思う気持ちもわかるが悲観することなんてない。
十人十色でみんな個性でしかないのだから。
それが個性ならむしろ活かしてしまおう。
何があっても無理しなくても、大体なんとかなる。

先ほどの通り劣っているどころか、むしろ長けている部分もたくさんある。
誰よりも所有する時間と知識はこの先で武器になる。

そう確信している僕は嫌な思いをして社会復帰しろとは思わない。
好きなことして生きていく方法を見つけた方が楽しい。

そんな僕らに最適な、生活を維持するための職

職と言ったら堅苦しい。
最初に言った通りひきこもりでもニートでも結局生きていくのには収益が必要。
時間と知識を活かし、収益に繋げるならもうネットを利用しない手はない。
すでに情報は頭に入っているのだから。

そこでタイトルにある通り2つの道をオススメする。

情報を発信したいなら「ブロガー」

ニートゲーマーで得た知識、闘病でわかった知識などなど、その情報を誰かに伝えたい人。
そんな人はブロガーがいいんじゃないか。
収益にするまではいくらか険しい道のりになるが、そこは大量の時間でカバーできる。
何よりネットの世界を人一倍生きているなら、どんな形でどんな伝え方をしている人に興味が出るか。
どんな情報を求めているかなんてことをすでに身につけている可能性がある。
発信自体は誰でも自由にできるのだ。

誰でも気軽に始められるブログ。コミュニティや収益化など楽しみ方は無限大【自由】

それなら無理に外に出る前に、ノーリスクなのだから一度手を出してみるといい。
もし自分に合って要領を得ることができれば、兼業ブロガーさんより早く結果を出せるかもしれない。
先ほど言った武器を最大限に使えるからだ。

ただ楽ではないことを補足しておく。

人の要望に答えたいなら「フリーライター」

ブロガーと兼用しているしている人もたくさんいる。
どちらも文章を書くことがメインだし相乗効果があるのは間違いない。

初心者でも短時間で稼げる?サグーライティングに数時間本気を出した結果【在宅】

しかし僕はアプローチがまったく違うと思っている。
稼げる稼げないは別としてブロガーは自由な発信ができる。
しかしフリーライターは委託してくれた人の要望に答える仕事だ。
書き方や題材など細かく指定されている。

つまりブロガーは「攻め」

フリーライターは「受け」

であると思っている。
なので2つに分けたのだ。
使うスキルはどちらも一緒で時間と知識である。
ライターも探すと自分の好きな話題の依頼が見つかる。
指定される文字数が多くてもこなす時間がある。
自分は受けが好き!って人にはこちらをオススメする。

ブロガーに比べて最初から収益化はしやすい。
だがやはり楽ではないと補足しておく。

まとめ

結論何が言いたいかというと、無理して社会に出なくても生きてく糧は得られる。
そしてニートやひきこもりにもオンリーワンなスキルがある。
それを活かして生業にしようということ。

勘違いしないで欲しいが、決して楽に稼げる話ではない。

結局努力や作業量は必要だ。
場合によっては普通に働いているより辛いまである。

だが、家に篭っている人ほど相当な可能性を所有していると思う。
自分の欠点だと思う部分を個性と割り切り利用し結果を出せたなら、自分を好きになれる。
そうなればもっと自由に好きに生きていけるのだ。

働きたいのに働けない人、社会に揉まれるのが嫌な人。
情報社会の現代ではいくらでも道はある。
意欲があるなら一歩踏み出してみよう。

ではまた!

Welcome!