データ入力や記事ライティングを本気で勉強、収益化する為にクラウドワークスを始めてみた

データ入力や記事ライティングを本気で勉強、収益化する為にクラウドワークスを始めてみた

アイキャッチの選定ってすごく大事。
それなのに手抜きをするひめたそん@himetasonです。

Advertisement

クラウドワークスに登録してみた

こちらの記事にも書いたが在宅ライティングを本格的に始めた。

採用率が上がり少しずつだが慣れてきたので、今回は自身のスキルアップを目指すため
クラウドワークスに登録する事にした。

クラウドワークスとは

CrowdWorks

記事のライティング委託を始め、プログラミングやWEB制作等の多岐に渡る委託業を取り扱うサービスだ。
業種は本当に多岐に渡り、手軽なライティングをしたい人から本気で在宅ワークをしたい人まで幅広く色んな仕事が見つかるようになっている。

早速登録してみた

僕は何も考えずに即登録。
登録は他サイト同様簡単である。
しかし登録後自身のアピールの為に、プロフィールの充実を目指した。
項目は本当に多岐に渡り、キャリアやPR等、詳細に入力していく。
そして最後に身分証明書を送信し、恐らく確認が終わればプロフィール100%になる予定だ。

さっと業務に目を通す

今回は登録する事がメインなので、まずは委託業務に目を通す事にした。
するとどうだろう、把握出来ない程の案件で溢れている。
これは自分に合った案件が見つかる気がする。
もちろん案件によっては条件等が厳しい事もあるだろうが、初心者向けの案件も多々あるため選り取りみどりな印象である。
今日は少々執筆に疲れているので応募はしなかったが、初心者向けアンケートにだけは応募しておいた。
まだ開始段階にはなっていないが、しばらくして作業に移れるかの詳細が分かる事だろう。

委託も出来る

こちらはサグーライティングにも言えるのだが、記事の執筆を委託する事も出来る。
ライターやプログラマーを探している企業にも便利なサービスである。
登録者も多く優秀な人も多数在籍しているので、納得のいく記事を期待出来るだろう。
僕は執筆を依頼する事等無いと思うが、働きたい人、働き手が欲しい人双方に便利なサービスである。

これからは

折角始めたライティングである。
まずはサグーを主軸にしつつ、クラウドワークスでさらに色んな案件を経験しよう。
そして文章執筆のスキルアップを目指していこうじゃないか。
それはこれからのブログ運営にも役に立つであろう。
文章スキルを上げて困る事はないはずだ。

まとめ

今回は登録までの話。
今度は実際にライティング等の作業を体験出来れば、また別の記事にまとめようと思う。

↑その後の話。

また初めての執筆になるので緊張と共に楽しみである。

しかし僕の古の石版(MacBook)は恐らく今までで一番酷使されているであろう。
流石に愛着が湧きすぎて手をかけたくてしょうがなくなってきた。
これからも主に執筆作業で活躍してもらい、頑張ってもらおう。
きっといつか新しいMacBookが来てもサブ機として壊れるまで使う事にする。

ではまた!

ライティングカテゴリの最新記事