「桜Trick」は僕の脳内8割を構成していると言っても過言ではない

どうもひめたそん@himetasonです。
今日も深夜に執筆だ。

「桜Trick」は想像以上に濃い百合作品

恋愛漫画や小説、アニメが大好きと何度も言っている僕。
その中でも僕がほぼ毎日作業中にループして見ている4コマ漫画&アニメ作品。

桜Trickは漫画もアニメも大好き

僕はこのアニメを作業中ずっとループ再生している。
それぐらい好きで飽きない。
原作は4コマ漫画である。

もちろんこちらもおすすめだ。
オタク全開で申し訳ないが本当に好き過ぎてやばい。

どんな作品かというと

絵で見た通りである。
百合作品だ。
ゆるいタッチで描かれる可愛い女の子達。
その緩さからふわっとした恋愛作品と思って観ると、多分びっくりする。
結構濃い作品なのだ。
それ故、好き嫌いは確実に分かれるだろう。

僕は百合が世界を救うと思っているくらいには変な人である。
何の抵抗もなく作品の世界に入れた。
ただ、最初はやっぱりびっくりした。
遠巻きな恋愛ではなく最初からがっつり恋愛している。
そして可愛い。
僕の好きなキュン要素も豊富。
ちょっと切ない描写もあり、最初から最後まで楽しめた。

何度も繰り返し観れる理由

その理由はこの桜Trickに限る話ではない。
僕は恋愛作品が好きだが、必ず胃がキリキリする修羅場的な展開がある。
初見で観るならすごく楽しめるが、知った後にもう一度そのシーンを迎えるのが苦手。
つまり好きな作品でも基本1度見たら満足する。
しかし桜Trickは濃いと言っても展開の上下が緩やかだ。
多少の修羅場?的な展開も楽しく見れる。
そして僕の好きなキュン要素が良いタイミングでやってくる。
その結果、何度観ても疲れないどころか癒されてしまう
全話のセリフを暗記するくらい観ていると思う。

登場キャラクター園田 優のセリフというか語尾。

・・・じゃないやいっ!

が、可愛すぎて毎日悶絶している。

ごめんなさい。

恋愛作品として

百合という事で普通の恋愛作品とは比べられない。
しかし重い恋愛要素は特に無い。
百合としては濃いが恋愛作品としては薄めかもしれない。
それ故に先ほどの通り僕は何度も繰り返し観る事ができるわけだ。
キュン要素は強いと思うけど、恋愛作品で求められるスリルはそんなに味わえない。
恋の駆け引きや人間関係などでドキドキしたい人にはあまり向かないだろう。
女の子の可愛い恋愛を眺めていたい人には是非おすすめだ。

まとめ

これ以上語ると色々あれな部分も出てくるのでこの辺にしておく。
ただ語らせたら数時間語ってしまうくらい個人的に好きな作品。
主題歌も好きで良く聞いている。
僕はアニメの方をメインに観ているが、今度漫画の方もゆっくり読んでみようと思う。

もちろん今も作業の横で流している。
完全に僕はハマってしまっているな。
同じ様に作業中何度も観れる作品がいくつかあるから、また紹介しよう。

ではまた!