死にたいほどに辛い時、こころの健康相談統一ダイヤルに電話してみた

今更カエレバ、ヨメレバについて勉強しているひめたそん@himetasonです。

心の相談ダイヤルはどんなものか

今でこそ割とポジティブに生きている僕だが、本気で思い詰めた事がある。
人生で2度ほどね。

今まで僕が出会ってきた心の病を持った人達の症状と結末

この時のような無意識なものではなく、悪い意味で人生の転機を迎えた時。
本気でどん底まで落ちてやり場がない時、何も見えなくなる。
そんな時に利用した厚生労働省が運営する「こころの健康相談統一ダイヤル」。
こちらがどんなものか書いていこうと思う。

最初から結論「吐き出したい人」には有効

存在は知っているけど試した事がない。
試したかったけど電話が混んでて繋がらない。
そんな人もいるだろう。

僕も電話繋がるまで半日かかったからね

今まで2回電話した事があるのだが、結論自分に蓄積した辛さを吐き出すなら悪くない。
切羽詰まった心を落ち着かせ冷静さを取り戻すには良い。

しかし心が迷子になり行き先がわからない

今の現状をどうしていいか分からない

そんな時に具体的な解決を求めるなら難しいかもしれない。

僕が電話してみた感想

先ほどの通り電話で話をしたのは2回。
何度も電話したことはあるのだが繋がらなく諦めた。

相談してみて

基本的に僕の事を否定をする事なくひたすら話を聞いてくれる。

とにかく聞いてくれる

それに尽きる。
しかし知人や家族に話難い事も匿名で聞いてもらえるのは良い。
思う存分言葉にすればいくらか心の中も整理がつく。
具体的な僕の悩みを解決してくれるわけではないが、冷静に落ち着く事は出来る。
繋がりにくさから実際に通話するまでの間にかなり心は破裂しそうになるがね。
つまりそれだけ悩みを吐き出したい人、辛い人がいるという事だろう。
1人で塞ぎ込んでいるのが1番負担、不安になるのは間違いない。
話を聞いてもらい次のステップに踏み出すきっかけになったと思うと電話した意味はあった。

具体的解決には

切羽詰まって混乱してしまっている、それ故辛くて消えてしまいたい気持ちが強い時。
先ほどの話を聞いてもらう事で冷静になる事が出来る。

しかし具体的な解決方法を問いかけた場合、やはり心の病には病院等
法律や生活の問題については弁護士等への相談を勧められる。

と言うか僕は勧められた。
心の電話は吐き出し、聞いてもらう場所なのだ。
少し落ち着いて根本的解決に向かうならば、やはり専門にした場所に相談する事が必要になる。
つまり心の電話で冷静になり、次のステップに踏み出すきっかけにするのが良いのだろう。
実際に僕は、次の行動に移す気持ちに切り変える事が出来たので感謝している。

辛い時は経験者の話を見聞きするのも良かった

最近特に思うのだが、ブログにしろSNSにしろ発信する場が増え見る機会も多くなった。
ちょっと探すと自分の悩みと同じ悩みを抱えている人、解決した人が発信してる事も。

今自分がどうしたら良いか、どうしたら楽になるか。

経験者の知恵を借りる事や、SNSならば相談したり助言をもらったりも出来たりする。
心の電話と共に活用し、探してみる事をおすすめ。
やっぱり当事者の声が一番参考になるからね。
僕も何度救ってもらった事か。

まとめ

どうしようもないくらいに思い詰めている時は間違いなく冷静ではない。
まずは誰かに頼るという意味で心の電話は良いと思う。
そして落ち着く事が出来たら次の解決へ踏み出してみる。
消えたくなるほど辛い思いは1発で解決するのは難しいよね。
本当にそう思う。
自分のペースでゆっくり良い方向に向かえるよう段階を踏む為に、色んな事を試してみよう。
心の電話はそのうちの1つの選択肢
まずは1人で抱え込まない事が重要。

頼る事は悪い事じゃないと思う。