パニック障害・不安障害、負担のかかる医療費からの経済難〜節約しよう〜

どうもひめたそん@himetasonです。
病気になって困るのが職に就けなくなり経済難を迎える事。
収入が無くなっても生きてくお金は必ず必要になる。

節約しよう

実際に僕は経済難に悩まされ、はらはらした毎日を送っている。

断捨離してわかった満たされすぎてた生活。ミニマル化して気付く本当に必要なもの

身の回りの小さな事からでも節約して、心配や不安を少しでも軽減したいものだ。

食費

具合が悪いと面倒くさくなり出前、デリバリーサービス、または外食に頼ってしまう事が増えてしまう。
これはかなりの浪費だ。
やはり出来る限りの自炊は心がけるべきだと日々痛感している。
体調不良の時にお世話になっている食材、それは「豆腐」だ。
安いし消化に良く、冷や奴から湯豆腐、麻婆豆腐まで色んな料理が作れる。
特に奴や湯豆腐は手間もかからない。
そこにお米や漬け物を加えれば、しっかりした食事もとれる。
次に麺もコスパが良く感じる。
パスタにしろ生ラーメンにしろ、安く手間をかけずにバリエーションが広い。
ここ最近はある程度自炊に挑む事でかなりの節約になっている。

携帯料金

こちらは月々かかってしまう通信料、携帯料金。
電話にしろゲームするにしろスマホが無くてはならない時代になってきた。
もし携帯代に10000円近くかかっているのなら、世に言う格安simに乗り換えるのも一考だろう。
僕は数年前から格安simに移行し月々の料金が1000円台になっている。
安くなるだけなら大きなメリットだが、ここではデメリットもあげておく。
まずは万が一の故障の時。
大手キャリアでは代替え機等で修理中も対応してくれる。
各MVNO会社で異なると思うが、格安simでは基本的に代替え機が借りれない。
修理に出すか買い替える時、携帯電話が無い期間が生じてしまう。
次に通信速度。
各社で異なるが遅い会社はとことん遅い。
LTEである意味を疑うほどだ。



僕の使っているUQmobileでは速度での不満は無く、また速度を節約モードにする事により速度を落とし通信量の節約も出来る。
実際に格安sim一回線で3ヶ月東京で一人旅をしたがうまくやればなんとかなった。
節約モードでもYoutubeの低画質なら見続けれるし、工夫は必要だが不自由はなかった。
自分の携帯の使い方を改めて考えてみて一考してみるのをおすすめする。

医療費

これは以前に、

医療費の節約は心も楽になる!自立支援医療を利用して通院の負担を減らそう

こちらに書いたが精神医療費が安くなる、

「自立支援医療」

という制度がある。
初めてだと難しく感じる人もいるかもしれないが、月の医療費の負担が3分の1になるのは経済的にかなり助かるはずだ。
詳しくは先ほどの記事を見て頂くとして是非活用したい制度である。

まとめ

身近な所からでもコツコツ節約すれば生活や経済面の不安が解消してくる。
それは心の負担の軽減にも繋がるので少しずつ実践していこう。