【旅日記】東京で数ヶ月生活してみた。観光と住んでみた感想まとめ【横須賀】

おはモニ。
どうもひめたそん@himetasonです。
今回は東京を数ヶ月ぶらり旅した時のことをまとめたいと思います。

東京ぶらりひとり旅〜拠点「中野区」編〜

1人東京へ向かったのは2018年の1月。
雪から逃げる意味も込めて衝動的に旅立つ決意をしました。

しかし大寒波に大雪の東京。

北海道と何も変わらなかったんですよ。
暖かかったのは初日だけでした…。

そんなサプライズから始まった東京生活。
最初は中野区のアパートを拠点に生活を始めました。
ヲタクである僕にとって最高の拠点になりましたね。

中野ブロードウェイという素晴らしい場所

そうこの中野ブロードウェイ。
これだけで飯一生分食えるくらいには最高の場所でした。

ガジェットが見たい→じゃんぱらやGEOなどの中古ショップ。
飯が食いたい→大量の飲食店とスーパー。
萌えなグッズが欲しい→まんだらけやParabox。

僕にとっては天国そのものでしたね。

ほぼ毎日通っていたと思います。
まさに欲しいものが尽きない&だいたい見れるし揃う。
不満なんて生活家電くらいでしたね。

東京滞在中には秋葉原にももちろん行きました。

しかし悪くは無いんですが地元でも見れるものが多かったんですよ。
ただイオシスやラジオデパートやドルチェなどの実店舗に行けたのは感動でしたけどね。

しかしブロードウェイにはマニアックなものがたくさんありました。
初めて見るものレアなものなどなど。
特に僕のようなヲタクにはオススメと言わざるを得ない拠点ですね。

東京都中野区という地域の印象、感想

田舎ものの僕にとって東京は人の多い忙しい都会という印象。
しかし中野区はそれを良い意味で裏切ってくれました。
度々話題にする心の病持ちの僕でも過ごしやすかったです。

それはひとえに穏やかであるということ。

もちろんブロードウェイなど混むところは混んでいますが少し田舎っぽい雰囲気の場所もあります。
それこそアパート周辺は毎日静かでしたよ。
ちなみに哲学堂公園の近くに住んでいました。

自転車1つである程度こなせるし落ち着きがあるという。
東京に住むならここだ!と僕は思いましたね。

主要区である新宿にも快速一本で行けるので本当に便利。

新宿はその近さ故にブロードウェイの次に通っていた場所です。
通勤の面を考えても良い場所じゃないでしょうかね。

ということで人混みは嫌いだけれど便利な場所に住みたい人に良い中野区の話でした。

横須賀ぶらりひとり旅〜観光してきました〜

こちらは個人的にずっと観光することを夢見ていた場所です。
レンタカーを借りて丸1日観光してきました。

横須賀といえば海、そして外国人がたくさんいる印象です。
それは海軍の街だからですね。

オススメの観光スポット三笠公園

個人的な一番の見所は三笠公園です。

何と言ってもこの戦艦「三笠」が見られるのは感動です。
好きな人にはとことん好きなスポットではないでしょうか。

艦これやアズレンのブームからか足を運んだ当時はレイヤーさんもちらほら撮影していましたよ。
老若男女がこの船に集まるのはなかなか穏やかな風景でした。

料金は少しかかりますが乗ることももちろんできます。
定期的に艦内の案内もあり色々なことを知ることができますよ。

木製の甲板に金属製の舵周りと今でも見れるのはここぐらいではないでしょうか。

お土産も充実していて売店は小さいですが海軍カレーから三笠ストラップなどなどたくさん揃っております。
もし横須賀に足を運ぶときは寄ってみて欲しい場所です。

ヴェルニー公園で現役の護衛艦も見ることができます

三笠公園から割と近くにヴェルニー公園という場所があります。
そこでは現役海軍の護衛艦を見ることができます。

上記写真は今いろんな意味で話題になっている「いずも」。
他にも潜水艦など普段見られないような軍艦が所々に停泊しています。

その姿は大きくかっこよくもなにか恐ろしさを感じてしまう風貌。
色々と考えさせられますね。

しかし公園自体は非常に緩やかで穏やかです。
犬の散歩をしている人から犬の散歩をしている人。
仕事合間の休憩をしている人やもちろん観光に来ている人。

みなさんまったりと過ごされています。

僕も旅の疲れを癒しつつゆっくり護衛艦を眺めながら過ごしました。
東京へ向かう高速への帰り道に寄れるので一休みにいかがでしょうか。

東京ぶらりひとり旅〜拠点「杉並区」編〜

中野区のアパートから次は杉並区は上荻のアパートに引っ越し拠点を変えました。
結論から言うと僕は個人的に中野の方が好きでしたね。

しかし人によっては杉並区の方が良いという方もたくさんいると思いますよ。

ほどほどに都会である杉並区上荻という地域

個人的な話をしますと都会は苦手です。
それは自身が悩ませている精神疾患故の話。
健康的な人にとっては逆に便利であるといえます。

住んだ初日から思ったのは割と若めな人がたくさん行き来しており人の量も多めということ。
そしてコンビニが中野に比べ最寄りにたくさんあるということです。
デパートやスーパーも近くにありましたね。

ただこれは良い!と思ったのが医療施設の充実。

医療ビルなど様々な病院が整っており急な自体にも対応できます。
実際に僕もお世話になりました。
身近に病院系の施設が充実しているのは住む上で大事なこと。

他にも飲み屋も充実していますし生活する上で不自由のない地域だと思いましたね。
人混みが得意であれば逆に上荻の方がお気に入りになっていたと思います。

都会の中に意外と自然が身近にありました

ビルや建物が並ぶ街中に善福寺川という川が流れています。
そこには都会ではなく自然の癒しがありました。

川に沿って歩道がずっと整っており、ベンチなどもあります。
春には桜も咲き路上ミュージシャンの姿も見られました。

そして上記写真のように野鳥などの動物もたくさんいるんですよ。

お馴染みのカモさんから、野鳥好きな人には有名な・・・

カワセミもたくさん見ることができました。

多い時で5羽6羽と見ることができたのでかなり生息しているんですかね。
駅近くでも見ることができたのでびっくりです。

このように便利さがありつつもしっかり自然もある。
杉並区上荻はそんな場所でした。

あとがき

ということで約3ヶ月ほどの東京生活まとめでした。
地元北海道とはまったく別の世界でしたね。

公共交通機関メインの移動はかなり辛かったです。
時間を間違うと満員を通り越した恐ろしい状態。
地元の満員電車とは格が違いましたね。

しかしメリットもたくさんあって自転車行動だけで行ける場所がたくさんある。
Amazonで頼んだものの到着が超早い(翌日)などなど便利でした。

便利と消耗が混ざり合う日本のメイン都市である。

というのが地方民の僕が抱いた印象ですね。
おそらくまた東京に拠点を置く必要があるので次もできればまた中野区のアパートに住みたいところです。

さて今回はこの辺で締めます。
ではまた。

Welcome!