iPadにBluetoothキーボードを組み合わせたらチャタリングで使い物にならなかった話

喉が痛い。
少し風邪気味のひめたそん@himetasonです。

Bluetoothキーボードのチャタリング

iPadproには純正のキーボードが一番。
設定するまでもなく装着するだけで使用可能である。

Bluetoothキーボード購入

しかしキータッチが個人的に好きになれず、打鍵感のあるBluetoothキーボードを購入した。

こちらのエレコムのキーボード。
スマートカバーの様に本体に装着する事が出来、使用時にスタンドにもなる物だ。
純正よりも安く、使い易そうだったのでこちらを選んだ。

外観と打鍵

持ち運びに便利な形状、スタンドの角度もちょうど良い。
膝の上でも作業が出来そうだ。
必要ない時は取り外す事も出来るし、装着していれば硬性もあるので液晶面の保護にもなりそう。
打鍵感も中々好感触で思ったより打ち心地は良かった

早速使用してみたのだが…

ここからが本題。
早速使用してみたのだが様子がおかしい。
同じキーが連続入力されてしまう。
それも毎回ではなく時折。
とは言っても1行中に2,3回はその現象が起きてしまう。
これは俗に言うチャタリングでは無いだろうか。
ちょうどその時2.4Ghzの無線を使用していた。
なんだ同じ周波数で混線しチャタリングを起こしたのか。

という事で次は5Ghzに接続し試してみる。
…治らない。
変わらず頻繁に連続入力される。
これはいかんぞ。5Ghzでも駄目なのか。
そして次は無線に繋がずLTE通信へ。
…いかんこれでも治らない。
部屋の何かと混線しているのかもしれない。
無線等の一切無い場所へ行き、iPadのモバイルネットワークすらオフにして試す。
…変わらずチャタリングが止まらない!

対策…ならず

その後色んな事を試したが一向に治る気配もなく、仕方が無いのでそのまま使う事に。
しかし長文の執筆の際ストレスは加速。
というかもう執筆無理だこれ
ソフトウェアキーボードの方が百倍は捗る。
しばらく途方に暮れた後、家族に今回のキーボードを託した。

まとめ

そんなに評判も悪くない印象のキーボード。
きっと今回僕が入手した物が調子が悪かったのか。
たまたま僕のiPadとの相性が悪かったのかもしれない。
操作感や形状は好みであった為非常に残念である。
家族に託した後正常に使用出来ているのか定かではないが、相性が一致し使用出来ている事を願うばかりだ。
それなら無駄にならない。

しかし無線系統のキーボード。
100%快適に使えるかどうかはわからない。
やはり純正のスマートキーボードは物理接続で遅延もないだろうし、最善なアクセサリーであろう。
しかし打鍵感と存在感がどうも使う気になれないんだよな…。
しかも結構高い。
これに懲りずまた良さそうなキーボードがあれば試してみようと思う。

タッチパッド付きキーボードでモブログ環境を改善、快適化

↑次に試したキーボードの話。