心療内科でうつ病チェックを受けたらうつ病と診断された話

どうもひめたそん@himetasonです。
いつものように病院へ行き、最近気になる事を先生に告げた。

うつ病ってなんだろう

虚無感、消えたい願望などが日に日に酷くなる。

元々物欲豊富で多趣味な自分が全て無になり、そのまま無に消えてしまいたいと思うようになった。
これではいかんと相談したのである。
するとうつ病の疑いがあると言われ、うつ病チェックをすることになった。

結果うつ病と診断

色々チェックした結果、うつ病と診断された。
自分がうつだとか考えた事が無かったがこういうことなのか。
うつとはこんなに虚無感で溢れているのか。
初めて知った。
と同時に早く克服せねばと思った。

パニック障害からうつ病へ

パニック障害や不安障害が悪化してしまうとうつ病になってしまうらしい。
当事者としては確かにストレスを感じている。
買い物も満足に行けない日があるし食事も気を使う。

特に引き金もなく吐き気や動悸が日々襲ってくるのだから負担にもなっているだろう。
そして時折異常なくらいテンションが上がるのだが、この時は躁状態というそうだ。
いい事だと思っていたがそうではないらしい。
この高揚が一気に下がり、重いうつ状態になるという。
確かにテンションが上がった後は一気に落ち込んでる気がする。
自覚していなかったがあまり良い状態とは言えないようだ。

急に生きていくのが辛くなったので解決策を探すために試行錯誤している自分

早期改善に向けて

趣味や欲の無い自分なんて自分じゃない。
そう思うと結構深刻な問題だと思えてきた。
病院での治療も大事だが、元々好きだった趣味や遊びをやりたくなくても続けようと思う。
それだけではなく、このブログであったり在宅ワークであったりとにかく色んな事をやろう。
やらないと考え事も多くなり悪循環だろうと思ったからだ。
少しでもモチベーションが上がる事があれば元の状態に戻っていけそうな気がする。

せっかく今まで出来なかった事を出来るようになろうと、治す方向へ決心を固めたのだから、その先が無くなってしまうのは悲しいじゃないか。

自由と好きを手に入れても未だに正常にはならない身体。難しい心を語ります。

まとめ

僕のストレスは人から受けることも多大にあるが、やはり体調不良が一番ストレス。
心と身体が悪い形で行き来している。
メンタルは身体に密接に繋がっているのだ。
悪化すれば色んな症状が出るし、僕の場合は心以外に吐き気から胃酸の逆流により、胃炎や胃潰瘍になったりと物理的な症状にも発展してしまう。
苦しい辛いのループに陥らない為に目標を持って生きていこう。
治すより気軽に付き合っていくくらいの方が負担は少ないのかもしれない。

花ぽんさんのブログから改めてうつ病について知り、心の病気について考える

↑事前に心の病を防ぐ為に。