【健康】VAPEという電子タバコを始めて禁煙に成功したので紹介します【節約】

おはもに。
どうもひめたそん@himetasonです。
健康に対して気になるお年頃になりました。

嫌煙時代、健康や経済面を考えVAPEで禁煙してみよう

僕は昔からかなりのヘビースモーカでして、そのために生きていると言っても過言ではないくらいだったんですよ。
今の人から見れば信じられない存在だと思います。
1日3箱ペースでしたからね。

しかし現代は世界的にも嫌煙時代。
僕の住む場所はあまり副流煙が蔓延していないのですが、東京にいた頃の話。
駅の喫煙所近辺が恐ろしいくらいのタバコの煙。
流石に僕でも嫌になりました。

また、以前街を歩いていた時に歩きタバコをしているサラリーマンを発見。
小さい子供とすれ違いタバコの火が当たるか当たらないかという状況。
本気で腹が立ちましたし危ないですよね。

百害あって一利なし。
とはわかっていても長年嗜んでいたら辞めるのも難しい。
そんなことを思っていた時に出会ったのがVAPEです。

禁煙には色々な方法があります。
病院に行き禁煙外来というのも一つの手です。
しかしまずは手軽に始められるVAPEからというのも悪くないと思うんですよ。

ということでVAPEに興味がある人の参考になれば幸いです。

後注意ですがVAPEも二十歳以上の成人ではないと使用できません。

VAPEってそもそもなんでしょう

なんて書いてみたものの認知度はmybluなどの登場でかなり高くなって来たと思います。
なので簡単に説明しますね。

口で吸うアロマ器具。

そんな認識で合っていると思います。
体に害の少ない自然原料のグリセリンに各種フレーバーを混ぜた液体を蒸発させ、口で吸うわけですね。
因みにグリセリン自体も少し甘みがあります。

最近人気なmybluをはじめ、ドンテや通販などでも色々なものが売られています。
参考にAmazonのリンクを貼っておきますね。

また専門店などもありまして、僕の別ブログでも紹介しています。

こんな感じで蒸気を嗜む道具なのです。
完全に無害かは未知数の部分もあるのですが少なくともタール、ニコチンなどの有害な物質は皆無。
タバコの有害さとはオサラバできるわけですな。

ニコチン入ってないから禁煙できないんじゃないの?

そう思っている時が僕もありました。
確かにニコチンが入っていないと依存症状が出ることがあります。
しかし最初は完全にやめられなくてもかなりハイペースで減煙、禁煙へ向かっていけたんですよ。

というのも実はタバコが吸いたいような気がしているだけで実際はメンソールの蒸気で満足しちゃう時が多々出て来ます。
不必要な喫煙をしていたことに気付くんですよね。
ヘビーだった僕には特に感じます。

またタバコが減ってくるとタバコ臭が嫌いになってきます。
自ずと減煙、禁煙に繋がっていきました。
みんながみんな同じようにうまくいく保証はもちろんありません。

無理に感じた場合は禁煙外来と兼用するのも1つの手ですし、嗜好品としてVAPEを嗜むことによってタバコを吸わない虚無感が無くなるというのは結構大きいものなんですよ。
ただ辞めるのとは違いますからね。
増税の経済的負担や受動喫煙の被害のことを考えても禁煙という選択肢は今後大事だと思います。

IQOSやglo、プルーム・テックとは違うの?

上記は加熱式タバコで完全にタバコそのものです。
禁煙に繋がるどころか場合によってはニコチン量が普通のタバコよりも多くより依存する可能性もあります。

また特に加熱式タバコは増税の的になっている感が最近あるじゃないですか。
どんどん値上がりしていってますよね。
有害なタールが少ないというメリットはありますが禁煙、節約には向いていません。

なのでVAPEとは全くの別物ですね。
唯一プルーム・テックは仕組み的にVAPEと酷似していますが高いですしニコチンを少量含みます。
アロマ器具とタバコという明確な違いが加熱式タバコとVAPEにはあるわけですね。

結論、吸わないのが最も良いが禁煙、節煙にVAPEは有効

結局何も吸わないのが一番だとは僕も思います。
しかし元々喫煙者であれば厳しい話でもあるんですよね。

VAPEを始めて禁煙までとはいかなくても減煙には繋がる確率は高いと思います。
なにせ個人差はあるといえど1日3箱のヘビースモーカーの僕が禁煙できちゃいましたからね。

健康や周りへの害を考えて、ちょっと禁煙や減煙が頭に浮かんだ人は是非一考してみてください。
そんなに高いものではないですし色んな味があって美味しいですよ。

また何か新しい発見があったら記事にしてみようと思います。
それでは今回はこの辺で。

ではまた。

トップへ