【睡眠薬】今まで試したこなかったベルソムラを試してみました【不眠症】

おはモニ。
どうもHimetasonさんですよ。
お久しぶりです。

待ってました?
待ってなかった?
まぁそれは良しとして、久々に綴りますよ。

オレキシン受容体に作用する今まで使用してこなかった睡眠薬ベルソムラ

久々の記事はお馴染み睡眠薬のお話です。
過去、主にベンゾジアゼピン系の薬を処方されていましてその弊害や効果などをまとめました。
気になる方はブログ内の検索でベンゾって打ったら多分たくさん出てきます。

まず先にこのベンゾ系。
即効性、依存性、抗不安と良し悪しがはっきり分かれております。
毎回「乱用は身を滅ぼすよ」とここに書いておりますが、効きが強いのもたしか。

数年そんなクスリと戯れてきたわけですが、今回自発的に気になったのがオレキシン受容体に作用する薬。
今まで一度も処方されたことがないんですよね。

それもそのはず、ベンゾに比べるとどうしてもパンチ力に欠けてしまい移行が難しいようです。
なので新規患者さんの最初のステップに使用されることが多いようですね。

割と新しい薬「ベルソムラ」

この薬は比較的新しく僕自身も聞いたことがないお薬でした。
知ったのは薬剤師さんと談笑しているときに話題に上がりまして、そこで興味を持ったわけで御座います。

最初は同系統でもっと効果の期待できる「デエビゴ」にも興味を持ったのですが、新しすぎて14日間処方制限がついていたんですよね。
それだと試すにもちょっとアレなのでベルソムラから模索スタートすることにしました。

医師と相談。会議の末採用に

早速医師に伝えました。
処方されている薬が9割ベンゾ系なので本来なら慎重に移行を考えるんですがなんと、

「Himetason(実名)なら一気にやってみても良いかもしれない!」

と喜んで良いのかわからないけれども一気に試すことができることになりました。
さぁ未開の睡眠薬、僕にはどう働くか…。

数日試した結果(結論)

最後のまとめとして結果を書かせていただきます。
また、処方されてからまだ間もないので結果は変わるかもしれないことをご了承ください。

まず入眠用にハルシオンは残しつつベルソムラは容量マックスで処方です。

そしてまず初日なのですが流石に初めて飲んだ薬。
二日間睡眠をとってしまいました。
ただ入眠には作用しませんでしたね。

グアぜパムの強化版?という印象です。
というのも入眠用のハルシオンを抜くと正常運転なんですよね。
特に眠くはならない。

抗不安要素が少ない(無い?)せいか落ち着かないと言う症状も出ます。
なので入眠薬は僕には必要であることがわかりました。

しかしガッツリハマった時は良い睡眠が取れるのと、睡眠の質もいつもと全く違うものでしたね。
この辺は個人差があると思うので参考程度にしてみてくさい。

初発は絶大に効果を発揮したのでこの系統の薬には希望を感じざるを得ません。
時間が取れるときにはより洗練された「デエビゴ」も是非試してみたいと思います。

用法要領を守って正しく不眠症と戦いましょう。

んじゃまたよろしくハロリン!

おすすめの記事